昭和 6年(1931) 創業者西村茂が乾電池の材料である黒鉛、二酸化マンガン、炭素棒などのアジア各国向け輸出商社として「西村商店」を 大阪市西区南堀江 にて創業する。
昭和 9年(1934)

大阪市淀川区新高 (現本社)に黒鉛、二酸化マンガンの精錬工場を設立し、社名を「西村黒鉛満俺精錬所」と改名する。

昭和18年(1943)

乾電池業界の大手集約にともない、他業種向けの黒鉛精錬専門工場に変更し、鋳造用黒鉛の生産を開始する。

昭和25年(1950)

株式会社に組織変更し、社名を「西村黒鉛株式会社」とする。

昭和29年(1954) 広島市中区 に広島出張所(現広島支店)を開設する。
昭和32年(1957) 鋳造用水性塗型剤『ダイヤコート』を開発する。
昭和34年(1959) アルコール塗型剤『ブラックコート』を開発し、塗型剤が主力製造品となる。
昭和35年(1960) 新東工業(株)の代理店となり、鋳造用機械(鋳機)の販売・修理を開始する。
昭和39年(1964)

大阪府茨木市 に茨木工場を開設する。
名古屋市昭和区 に名古屋出張所(現名古屋支店)を開設する。
不定型耐火物『ネオパックス』の製造を開始する。

昭和44年(1969)  大阪府枚方市 に枚方工場を開設、本社工場・茨木工場を枚方工場に一本化する。
昭和50年(1975) Vプロセス用塗型剤『TNコート』を開発する。
昭和51年(1976)

創業者西村茂が会長に、西村恭二が社長に就任する。(株)今西製作所・合同鋳物(株)との共同により迅速精密鋳造法(ジュプトラッド法)を導入する。

昭和52年(1977) 有機樹脂鋳型用塗型剤『フランコート』を開発する。
昭和56年(1981)

創業50周年を迎え、記念式典を挙行する。
三菱重工業(株)との提携により焼付防止剤『ラミガード』を開発する。

昭和61年(1986) バリ取り装置『サイジンガー』の製造・販売を開始する。
平成 9年(1997) 千葉県松戸市 に東京駐在所を開設する。
平成16年(2004) 製造部門で品質マネジメントシステム(ISO9001)の認証を取得。